sora -interview-

ねろ 元はといえばenvyみたいなバンドになりたかったからさー

内田 でも、多分その辺でもうそういうのが無くなってきてた。

ねろ 無くなってたね。最初はとにかく、LAST WISHに出たいっていうのがあったから最初言ってたじゃん?

内田 あーあったね。

ねろ それが目標みたいなところがあったんだけど、でもまあやっていくうちにそういうのが別にどうでもよくなってた(笑)

-国内のenvy,THERE IS~,3cmとかに憧れはあったみたいだけど、同時に例えばENGINE DOWNとかlovittのバンドとか海外のバンドも皆聞いてるじゃん?そういうバンドへの憧れは強くなかったの?

ねろ それは本当無かったねー。。

内田 ていうか、おれ以外そういうのあんまり聴かなかった。

ねろ おれうっちーからそういうの聞いて、激情系は一時期すげーはまって探しにいったりとかあったんだけど激情系を掘りまくった時にenvyより格好良いバンドが結局見つかんなくて。。国内海外問わずに…(笑)もういいやみたいな感じで、音源探さなくなっちゃったの。うっちーは結構アンテナ張ってたから。

-うっちーは海外のバンドも詳しいイメージがあったからね

内田 さっき地方のバンドに興味があるって言ったのと一緒だよね。まあなんか、、国は違うから言葉はよくわかんないけどネットワークがここにもあって、好きなバンドの周りにどういうのが居てってのが知りたくて。まあ、そんなに幅広くじゃなかったけどね。

-そっかじゃあ海外のバンドってよりは国内のバンドからの影響のが強かったんだね。まあ、国内のバンドっていうかenvyか(笑)

ねろ そうそう(笑)

内田 おれはまあなんていうかそこまで、、envyの音とかライブ見て好きだけど、別に自分がそこに行こうとしてた訳じゃなかったから、メンバーでの

-最初の矢印としてね

内田 そう。最初そこに目標があっておれもそこにちょっと寄りかかったみたいな感じ。

-やってるうちにその矢印がそれ、例えばenvyじゃなくて自分達が目指す何かになっていったって事だよね。

内田 結局のところ皆、出会った人とか近しい人からの影響が一番、大体のバンドがそうだと思うけど。

-バンドをやってるうちにただ音楽をやる事が楽しくなってきたっていう

ねろ そうだねー。

-うーん。よく分かります(笑)

ねろ (笑)なんか最初ってやっぱ真似するじゃん?どうしても、好きなバンドとかさ。

-特にバンドを始める時って皆のベクトルを合わせる為にある程度決めるじゃん?例えば、ジャズの要素とロックの要素を併せつつファンクも混ぜて…とか言ってたらよくわかんねー感じになるじゃん?それだと大体始まらないんだよね(笑)。これっぽいのやろうよって言ったときの方が一番すっと始まるよね。

ねろ それで結局全然違うもんになるもんね。

-まあその人じゃないからねー

ねろ それがわかんなかったんだよね。

※ここでのりさん到着。(インタビュー始めて一時間経過)

-はいいらっしゃい。でもねーまだ半分もいってないよ(笑)

のり 本当に?(笑)

内田 今ねーやっと耳鳴りが出たとこまで(笑)

-よし、こっからまとめてこうか(笑)

のぐ 耳鳴りが出て、完全に唄ものの曲が出来たじゃん?おれは、ちけーから色んな事を思ってるんだけど、、その時にあーsoraオリジナルになったって思った。で、すげー嬉しかった記憶がある。

-デモから耳鳴りまでの音楽性の変化は大きかったよね

ねろ あーそうだねー。

内田 だからやっぱ、歌になったけど、完全に歌に振り切れてた訳じゃないから周りから言われたのはYaphetto Kottoとかあーいう激情の中にちょっとメロディーがあるみたいな捉え方をされたりしてて、別にそれが嫌って訳じゃなくて、、まあ叫んだりしてる時は別にそんなにただ、スタイルとして格好良いってだけの、全然鬱憤があったとかなんでもないし、だから、叫んだりする事が絶対じゃない、必要なものなのか?ってなって。元々、唄ものも好きだったから、おれはキウイロールとか蛯名さんの唄が好きだったからそれがでかいのかな。きっかけとして。別にそれを真似しようと思った訳では無いけどそういうアプローチもあっていいなっていう。

-よりナチュラルになってきたと

内田 まあ、叫ぶのに飽きてきたっていう。なんかその、何言ってるかわかんないし、楽しみがあんま無いというか。やってる側としてはね。

-そういう気持ちじゃなくなってきたんだね

内田 そうそう。

のぐ インプットとアウトプットのターニングポイントみたいな感じがあるよね。

ねろ そうだねー。

内田 ちょうど意識が変わり始めたとこらへんなのかな。でまあ、その繋がった輪をさらに広げたり保つ為にツアーとか色んなとこ行ったり、音源はミニアルバムがもうあったからそれを持って、そっからは本当、ライブ強化月間みたいな。

-その流れから、アルバムまでが長かったね~

内田 あ、でもその前にシングルがあるから。

-あ!そうかそうだね。。

内田 元々インパルスからその流れで、アルバムいきましょうみたいな話になってて、まあ最初おれらも納得してて、だけど如何せんそっから先にどういう曲をやってったらいいのかってイメージがまだ皆なかった。

ねろ 曲が出来なかったねーとにかく。。

内田 ちょうど、歌がメインで入ってきた、わりとこう、、、歌の割合が増えてきて、そっからさてどうしようみたいになった時に、また新たな自分らの形ってのを作らなきゃいけなくなったから、その自分らの出せるものを見つけるまでにやっぱ結構時間がかかって、、でまあその間に作ってた曲とか、ぼつにしてるやつとかもあったりとか、そんな曲作りのペースが早いバンドじゃなかったから、なかなか進まなくて、ちょっと時間が空き過ぎちゃってさすがに、ここまで空いちゃってでも曲もそんなに無いしってなったから、とりあえずなんか音源出さないとなんかもう忘れられちゃうっていうのがあって(笑)。じゃあ今あるやつ一回一枚挟もうっていうので出したのがシングル。いつかのテープレコーダーepをきったのかな。

-ミニアルバムよりもまた結構雰囲気変わったよね。延長線にはあるけどより凝縮されたというか

ねろ あーそれはあるかもねー。

内田 公園って曲作って、それをめちゃめちゃ唄ものにしたから

-おれそれ好き(笑)

内田 (笑)まだライブでやってなかったから、ライブでやる云々おいといて、とりあえず一回がっつり歌よりに作ってみたくて。

-意図的な部分があったんだ?歌を歌いたいって方向にシフトしてる様な。

内田 全部それじゃなくても、もっと歌の純度が高い曲があってもいいんじゃないかって思って。その曲がその音源の中では、なんかキーポイントというか。あ、こういう振り切りもあるんだっていう(笑)。だから1,2曲目とかは前の延長線上にある曲。

-公園がキーになってる印象なんだね。

内田 うん。また新たな一面だせたなって。そん時はまだライブでやるってなったら、やりきれない部分もあって、なんかこう、、音源の曲みたいなイメージだった。音源だから上手くいったなみたいな。それを実際にバンドでやれる様になったのは、結構時間かかったし、まあでもやっぱその音源出して、別にそれのツアーは回らなかったけど、一応出したことによって、ああやってんだみたいな証明は出来たから。

-定期的に音源出さないとねぇ….止まってる感じにみられたりするからね(笑)

内田 ていうのに気付くのに凄い時間かかった(笑)一回、目を向けられるとその時はいいんだけど、あまりにも期間が空いちゃうと音源があっても忘れられちゃうから…まあちょうどHUAUってイベント、大きめのイベントに呼ばれた時に、絶対このタイミングに間に合わそうって思って。

-そこからアルバムまでにまた期間が空くと…(笑)

内田 やっぱそのタイミングである曲を出そうって出したから、EP出したとこでストックみたいなのがなくなっちゃって、でまあそれを出してすぐの時は、よし、まあなんとかやってるってのを証明できたって安心感と、、、やべえ、、ゼロだって(笑)

一同 笑

内田 持ち曲ゼロからアルバム出さなきゃって。

-シングルを出した時点で次はアルバムって皆考えてたの?

ねろ まあでも次出すならってね。

-それに向けて曲を作り出すと

ねろ ていうよりかね、その時も曲作ってたんだけど、全然出来なくて、そん時は別にレコーディングとかも意識してなかったんだけど、まあ本当になんだろ、、低迷期みたいのが来てさあ、、解散するって話が出るまでは、本当だめで、、解散するってのを決めて、そんで解散する前にアルバムは絶対出そうみたいなことになってから、やっとこうとんとん、、、だからあのアルバムの曲って作り始めてから出来るまでは結構短かった。。

-うーん。今さらっといったんだけど….(笑)

一同 爆笑

内田 今、だいぶいったよね(笑)

-アルバムを出す前に既に解散は決めてたってことだよね?

ねろ そうだね。

内田 これちょっとちゃんと順序いくと(笑)

のり 近すぎねーかこれ(笑)

内田 (笑)もうちょい順序いくと、アルバムに向けて曲つくりとか頑張ってる時に、今回の解散になる前に一回、坂元が抜けるって話があって、それがおれらにとっては最初のバンドが危ないってなった時でちょーど坂元が、学校卒業するとかかな?まあやっぱり学生時代からやってるから、転機なとこで、続ける続けないって話があって、その時点で解散しようみたいになった事があって、でもやってたら結局、やっぱやりたいって。その時はそんなに深刻な話じゃなく、わりとさらっと続ける感じになったんだけど、でまあ、ずーっと曲作ってて、なかなか曲が出来ないモチベーションの上がらなさとかがしんどい時期とかあって、、、んーそっか、、まあ先にアルバムの話か。

-そうだね。最初、、で最後のアルバムはstiffslackからじゃん?それはimpulseから出そうとはならなかったの?

内田 いや、最初はimpulseから出すって話を進めてて、その後くらいからstiffslack周りの、folioがまず出してたからそれがきっかけとして大きかったというか、まあfolioと一緒にやったりすると新川さんが居たりとかして、でその、stiffslack方面の絡みっていうのがその間に出てきたりして、ちょーどアルバムを出そうって意識になってる時に、stiffslackのイベントに呼んでもらって、malegoatも出てたけど、、まあClimb the mindのやつか。
   
-o-nestのやつだね

内田 そうそう。stiffslack nightか。それでそん時に新川さんから音源出そうよって言われて、でまあimpulse recordsで考えてるんです。みたいな話をしたけど、でもちょうどその頃にimpulse recordsは色んなバンドの音源を出してたから、結構リリースを、、まあ井川君は何でも一人で頑張りたいみたいな人だから、色々無理なとこが出てきて、大変な部分とかがあって、、、レーベルとして上手く機能出来てんのか、出来てないのかってのが、まあ身近な人間だからこそ凄い目に見えてきてて、、、なんかimpulse recordsから出す意味みたいのが、果たして良いのか悪いのか、ていうのが、個人的にあって。

-他のメンバーともそういう話になったの?

内田 無い。

のり なんか元々、

-お、遂にきたね(笑)

のり 帰る前に喋っとかないと(笑)

-うん。オーケー(笑)

一同 笑

のり (笑)元々皆で話した中では、stiffslackの話もうっちーから聞いてたから、最後にimpulseからアルバムを出して、次をstiffslackから出そうっていう様な話をしてて、でも結局それは曲が出来ないから、、(笑)

内田 こなせなかった(笑)

のり そう。こなせなかったんだよね(笑)

-一応確認したいんだけど、その時点では解散は一旦白紙になってる時?ただアルバムを出そうって状態?

内田 うん。

のり 最初の坂元が辞めるって話は結構前の話なんだよね。

内田 そうそれはそこまで、解散か!?ってよりは、抜けるかもって話がちょっと出て、まあすぐ流れた話だから。一週間くらいで解決した(笑)

-stiffslackから出そうって決めた理由は?

内田 stiffslackの方がレーベルとして認識されてる、、なんだろうな、、ちょっとimpulse recordsより、、会社っぽいっていうのかな?ていうのは、最初傍から見ててあったの。外国のバンドとか多く出してたから、流通に関しても、impulse recordsより幅広いというか、ネクストステップ的な考え方だったから、いいねって。所属してるバンドとかも好きだったから、で、その人らのやり方とかも、balloonsとかまあballoonsは特例か。

-folioもそうだもんね。

内田 うん。それがあったから。そういう話とかも聞いたりして。まあ別にimpulseが嫌だった訳じゃなくて、ちょうど新川さんから話をもらった時に、impulseから出すっていう、まあおれらん中でのけじめ、単独、アルバムを出して、やっとそのレーベルの役割を果たしたみたいな、心持ちを持ってたんだけど、さっき言ったみたいに曲が出来なかったりして、まあちょっとごちゃごちゃしちゃって、、その間にも周りの物事は進んでたから、やっぱそういうレーベルの人間としての、、、流通会社とかの接し方とかを見てて、自分らとしてもまた新たな方に気持ちを向けたいっていうか、成長したいっていうかさ、少しでも上を目指そうっていうか、、まあ新たな環境に身を置いてみたかったのかな。

-新しい一歩を踏み出すにはstiffslackからがいいんじゃないかって考えに至ったと

内田 うん。そんでまあ井川君に電話して、まあそういう話の誘いを貰ってて、、前から約束してたけど、ていうのを、もちろん仲良いから、本音でぶつけて、井川君はバンドがそう思ってるなら是非そうしてみたいな。まあ良いやつだから(笑)

-本当に良い人だからね~(笑)

内田 まあそういう部分では申し訳なかったってのはあるけど。。でもだからってimpulse recordsとの関係が終わる訳でもなんでも無いから。まあね、impulseのイベントとかにも出てたし。それで、stiffslackからお願いしますってなって、そっから曲を作る期間が始まる。

-その時点ではまだゼロ?

内田 えーとね、再録も入れるってのを考えてたって面では、あったけど、まあ新しい曲とかに関してはゼロ。そん時ライブでやってた曲とかもあるけど、アルバムの一曲目とかは形が違かったから、その母体となった曲がその頃はあったのかな。。本当一曲あったか、なかったかくらい。アルバムの話は決まったけど、一、二曲しかないって(笑)

-言ってたね(笑)

内田 そっから、曲を作らなきゃって追い込みモードになって、作りたいって気持ちの前のめり感と上手く出来ない悔しい感じというか、、、それで、stiffslackにお願いしますってなった後に解散を決めたんだよね。
   
-アルバムを作ろうとしてる中でどういう経緯で解散に行き着いたの?

ねろ 元々、結構ずっと曲が出来るのが遅いバンドだからさあ、バンドって曲が出来ないと滞ってくるじゃん色々、、だからそれが全てみたいなとこがあるんだけど、、それで、のりさんが今よりも前勤めてた会社が仕事が忙しかったりして、スタジオに全然来れない時期とかがあって、わりとおれと坂元とうっちーと3人でスタジオ入ることが多かったの。でもそうするとさ、まあやっぱ全員居ないと曲って出来ないじゃん?
   
-スタジオで作ってるとそういうこともあるね

ねろ そうそう。例えばうっちーがいくら曲を作ってきても、そのフレーズをさあ考える暇とかもスタジオに来なければ無いし、かといって、のりさんもタイプ的にさあ、そんな家に居る時に考えてきたぜってタイプじゃないから(笑)

-タイプ的に(笑)長い付き合いだからそれも皆分かってるもんね。

ねろ そうそう(笑)まあ友達だからさあ、それはおれらの性格なんだろうけど、、、(笑)

-長い付き合いの友達とバンドやる上でって話はおれもよくわかるよ(笑)。こういうというとこは仕方ないって部分あるもんね。

ねろ 性格だからねー。でまあ、それだとうっちーも疲れてきちゃうし、ていうか全員疲れてきちゃってたんだろうね。

内田 まあ疲れ方は人それぞれ理由は違うけど、結局皆拠り所としてバンドを続けてるから、やっぱり拠り所であった部分が上手くいってないと、、、なんか、バランスが悪くなってきちゃって、だんだん続けてる意味みたいのもよくわかんないねって。アルバムっていう漠然とした目標はあるけど、それに向けてじゃあどう動いてるかって明確に説明は出来ない感じだった。とりあえず、闇雲にアルバムに向かって動かなきゃって焦りだけで動いてたから、焦りだけじゃあ上手く、、まあ、いく場合もあるんだろうけど、おれらの場合は上手くいかなくて、、でまあ、そろってスタジオは入れる機会ってのが少なくなって、それがずっと続いて上手く進めることが出来なくなった。おれも、バンドを進めよう進めようっていったけど、ギャップというか、、、こうありたいってやつと実際そこにいけないもどかしさみたいのががーって凄いあって、、、で、解散って言い出したのがおれなんだよね。

-その話し合いはスタジオじゃなくて一回集まったの?

ねろ なんかおれとうっちーはいつもスタジオ来る時さあ、おれがうっちーを拾って帰りも二人で帰るんだけど、その車内では、結構まあそういう話を二人でしてて、この状態で続けててもなあって話は、もうなんかお決まりみたいにする様になってて(笑)あれはもういつ頃からかわかんないけど、多分結構ずーっとそうだったんだよね。アルバムの話とかが来たのもまだそういうのが全然何も解決してないっていうか、そういう状態の真っ只中の時に来て、それで、とりあえずアルバムはやったろうぜみたいな感じだったんだけど、それでもあんまり状況は変わんなくて。。

内田 それで一回また話し合いがあって、のりも来てもらって、のりどうすんだ?って。やりたい気持ちはあるんだけど、なかなかそれを実際に行動に移せる時間とか、余力が無かったりした感じで、、大変なのはもちろん分かってたから、そこまで無理して続けたいのか?っていうのを本人に聞こうって深夜に集まって話し合いをしたんだよね。でも実際はそういう風に形には出来てないけど、やりたいって気持ちだけは言ってくれて、その気持ちがまだあるだけ、、まあ、完全に無いって言われたら、、どうしようって感じだったけど、それを受けてじゃあもう一踏ん張りしてみようって思ってやってみたけど、そんなにいきなり変わる訳も無く、、、だったから、、別にのりが忙しいってのだけが原因ていうよりは、色んなものが積もり積もった結果として、一回けじめをつけるっていうか。活動をそこまでがっつり止めたことって今まで一度も無かったから、常にライブをある程度の期間でやり続けてきてたから、あえて止めてみたらどうなんだろうっておれ個人的に思ってて、それで、ちょうど皆が揃わないのとか、なかなか曲が出来ないのとか、個人的な焦りとかがあって、一回もう止めちまおうと。なんか、だらだら続けんのも、、長いことだらだら続ける感じになっちゃったから、こっから何かを起こす為には何かしらの決意が無いと出来るもんも出来ねーみたいな感じになって、それで別の機会に集まった時に、おれからやめようって言って、、、おれは最初から解散しようと思ってたから、皆は解散ていうのに驚いてて、でも皆しんどかった時期だったからその言葉を聞いてもそこまで意外ではないけど、皆は休止でいいんじゃない?って。せっかくここまで続けてきたんだしみたいな感じだった。でもおれは、休止とかじゃなくて完全に解散と思ってて。休止っていうと保険みたいな考えがおれの中にはあったから、、、なんか、、それも結局まただらだらするだけじゃねーの?って。そこまでのモチベーションが皆にあるとは思わなかったから、それだったら一回振り切って、、、全部終わりにしようって。だから、その時はアルバムも出ないで終わる可能性もあったんだよね。おれも限界に近いっていうのもあって。。でもその後に色々考えて、今まで続けてきて世話になった人達がいっぱい居て、お客さん、バンドマン、イベンター、レーベルの人とか、バンドを通して知り合った人に対して何か、こんだけ世話になっといて、なんもなく解散したらまじで頭上がんないなとか申し訳無さ過ぎるっていうのがあって、どうしてもその人達に恩返ししたいというか、バンドで何か恩返しが出来るとしたらやっぱりCDを作る事もその中の一つっていう風に考えて、まあ、、解散するのは前提でアルバムを作って皆にお礼しに行こうって思って。そっからそれを話した時に皆もそうだなってなって、逆に余計なもんが無くなったから、とりあえずそれを作ればいいって。

-解散を決心した事によってぶれてた皆の気持ちがまた同じ方向を向き始めたんだね。

ねろ そうだねー。

内田 曲調が云々とかってよりは気持ち的な面で。

ねろ そうでもしないとモチベーションの持ってきどころがわかんなかったっていうのがあって、、でもそれが決まっちゃったら逆に終わりまで楽しんでやってやろうみたいなさあ(笑)どうせ終わっちゃうんだったらみたいなのが、みんな自然と出てきたから、だから多分、今一番良い時期なんじゃないの。

内田 だからおれは、年内って決めたの。終わる期間を。ここまでで絶対終わらそうって。自分でけつを決めたから、逆算してった時にやべえ春過ぎにはあげないとってなって(笑)ツアーも組まなきゃって、、、その期間やばいくらいバンドのことに追い込まれてた(笑)

コメントは受け付けていません。

Michael Kors outlet online,