sora -interview-

-でも追い込まれたことによってモチベーションが上がって、それが曲作りに繋がったとこもある?

内田 いや、おれは上がったってよりもひたすらやらなきゃっていう(笑)バンドをひっぱってく責任感が色んなとこであるから、曲作んなきゃとか、そういう話をみんなにしなきゃとか、ツアー組まなきゃとか、基本全部やってたから(笑)

-無我夢中な感じか(笑)

内田 おれの気持ちが変わったってよりは、おれが解散の話をする事によって、メンバーの気持ちを変えたかった。メンバーのモチベーションをもっと揃えたかったという。

ねろ おれは本当分かりやすくすげーモチベーションが落ちてたから、多分一番落ちてたと思うんだけど、、、だから曲作りとかに関しても、受動的になってたし。。

内田 スタジオで曲持ってっても、こういう感じで叩いてってのを叩くだけで、そっから返ってくるもんがまるで無くて、、(苦笑)

-モチベーションが落ちた一番の原因は何だったの?

ねろ おれはなんだろうなあ、、なんかまあそういう、、聞いてるもんが変わってきたりするとさあ、やりたいもんとかも変わってきたりするじゃん?だからそういうもんとのギャップとか、、、まあでもそういうのをそん時は思ってたけど、多分それは自分に対しての言い訳みたいな感じで、、まあ結構現状が苦しかったんだろうね。。

内田 おれから見てると、やっぱみんな揃わなかったのが一番大きかったんだよね。

ねろ うーんそうだねー。楽しみ方がわかんなくなってた。

内田 今まではバンドみんなで楽しんでたのに、気付いたら、、まあ、のりだけじゃなく、のりが来た時に坂元が来てなかったりとか、、四人でバンドを楽しむことを共有してたのが、誰かしら居なくなってきてて、、、あれ?みたいな。あいつ今日いねーなーみたいな感じで。四人でずっと支えたりしながらやってきたから、それが崩れてたのはあって、四人だったのが三人でも支えれるけど、やっぱバランスは前と違うから、支え方が違うから、ちょっとやっぱ無茶な部分ていうのが出てくる。あいつが今日居ないからおれ今日こう頑張んなきゃみたいな、支え方が多分それぞれで負担になってたのがあってそういうのがみんなのモチベーションの部分にも影響してた。

-みたちゃんは時々行けたり行けなかったりっていう状況をどう感じてたの?

のり やっぱそうなってくるとねー、すげーみんなとの距離感とかも変わったから、すっげ罪悪感みたいのはあるじゃん?(苦笑)

一同 (笑)

内田 スタジオの雰囲気とか全然違うもんね(笑)

のり 雰囲気も違うし、、もうなんか三人とおれの違いは、、、すげー出るからやっぱりどうしても(苦笑)

-焦りもあった?

のり 焦りもあったし、なんかこう、、、きつくもなってくるじゃん?けつを決めた時はおれも、今の仕事してたからまた生活は変わってたんだけど、、、当時本当に来れなかった時って、何も事が解決しないままさ、行ってたからさ、けつが決まってからは気持ち的に変わったよね。

内田 夜中ずっとスタジオ入ってたんだけど、それをきっかけに夜中に食い込む時間が少なくなったんだよね。だから多少、遅くなるけどちょっと遅れて顔が出せる様になってきただけでも良かった。四時間入ってその内一時間、二時間だけ来るだけでも、来ないよりは、、、まあ来るっつってて来ない時は、、、辛かったけど。。

一同 (笑)

内田 こねーんかいって思ってたけど(笑)でもまあ、来たら来たでやっと四人で進められる時間が出来たから。

ねろ それになんかけつが決まったら、のりさんが遅れてこようが何しようが、別にあんま気になんなくなってきたんだよね(笑)

一同 (笑)

-解散を決めてまた集まれる様になった事でみんなのベクトルがまた合いだしたんだね。

内田 うん。まあもう期限は伸ばせないっていうのが、特にレコーディングとかツアーもそうだけど、だから三人だったら三人で進められるとこまで極力進めて、でまあ、のりとか坂元とか、、来れなかった人が来たら、そこをまたつめようって感じになって、そっからはネタ持ってきたらとりあえず、一回みんなでばーっとやってみようってなんとなくイメージ伝えて、あーいいねいいねって。本当三ヶ月とかそんなもんで作って。、、、、これで、解散の話は終わったね(笑)

-あらいざらいだね(笑)最後の作品な訳だけど、意識した部分とか、あえてこれまでと違う様にした部分とかはある?

ねろ 本当はねーもうちょっと冒険してみようかなとか、そういうアイデアはあったんだけど、、、まあ時間が無かったっていうのもあるし(苦笑)あとはまあなんだろうねー。。。

内田 要は最後だから、、、まあ発表はしてなかったけど、、アルバムだし、色んな曲があっても面白いなあと思って、頭の中で理想像みたいのは持ってたから、色んなアプローチの曲があってもいいなと思って作ってはいたんだけど、まー単純に言えばバンドに引き出しが少なかったっていう。おれがやろうとしたアプローチをバンドでやるってなったらちょっとイメージと違うとか、やりきれなかったりした曲とかがあって、結局レコーディングする日にちは決まってたから寸前まで作って出来てる曲を入れようって感じで。もうちょい、、、本当はあと二、三曲は多い予定だったんだけど、ダブっぽい曲とか、、色々やってたんだけど、まあ、まとめきれず(苦笑)

-アコギを入れたりとかこれまでのsoraの作品には無かったアレンジがあったから今やりたい事を潔くやったんだろうなって印象があるんだけど。

内田 こだわる部分が無くなったから、その時点でのやりたい事と自分らのやれる事をなるべく直でまんま出そうていう感じだったのかな。

ねろ 例えばシェイカーを入れたりとかさ、タンバリン入れたりとか、あとアコギを入れたりとかっていうのは、レコーディング入ってその曲の全体像を冷静に客観的に聞ける様になってから思いついてくる部分もあって。

内田 実際やってみないとわかんないっていうとこもあって、レコーディングも結局何回やっても慣れないっていうか、イメージはあるけど実際それを録ってみて使えるか使えないかはあるし、ていう中で音源に入ってるやつはやってみて良しってなったやつ。

-音色も変化した部分あるよね?例えば今までとは違うドラムのスネアの音にしてたりとか、、それもレコーディングの時に変えたの?

ねろ あーそうそう。

内田 ドラムに関して言えば、ねろが聞く音楽が変わってドラムのスタイルが明らかに変わったから、もっとストレートになった。

-うん。かなり印象が違って聞こえたからそういう部分も皆で作りこんで決めたのかなと思って。

ねろ んーわりと決めたことって無いよね?

内田 うん。とりあえず手数が減ったなって(笑)

ねろ そうだねー。

-それは意識したの?

ねろ うんそうだねー。おれ元々さ、吹奏楽やってたから音楽の入りがロックとかじゃないのね。だから、ドラムも8ビートでかっちりしてってスタイルじゃなかったからさあ、まあそういう風にやってきたんだけど、でも結局はやってることってロックバンド、、、じゃん?(笑)

一同 (笑)

ねろ だからシンプルな方がバンドの中に入るんだったらいいのかもしんないなっていう風に思ったのがすげー最近の事で、、、(苦笑)なんか結構それまでは、おれがドラムで目立ってやろうみたいなのがあったから、それが無くなったっていうか。。
   
内田 派手なパーカッションがいるみたいな感じだったからね(笑)

ねろ そうだね(笑)そしたらやっぱり皆も気持ちよくなってる様な気もするし、おれも叩いててそっちのが気持ち良くなってきたから。
   
-それを感じて、合せたフレーズを考えたりしたの?

内田 いや、合せるってよりは、昔からおれはねろがそういうアプローチしてもいいなって思ってたんだけど、、おれがそういうシンプルなやつ叩いてって言っても小技加えてくるから(笑)逆に今まではやれなかった。今まではそういう、、、シンプルでいられなかったねろをずっと見てきたから。。

ねろ シンプルでいられない男、、、(笑)

一同 爆笑

内田 すぐなんか入れるんだよね(笑)だからおれの中ではねろに寄せてったってよりは、あーそういうのもやる様になったんだって思って逆に今までおれが出してなかったシンプルなものにのせやすいフレーズとかをすっと出すようになったっていうか。アルバムの一曲目の「echo」って曲の原型の曲があって、まあコードとか若干違ったりするんだけど、その曲はねろも、、途中のとこにいる段階だったから、もうちょい小ざかしい事が盛り込まれてた。わりとのりやすいドラミングにはなってきてたんだけど、やっぱ昔の名残があったりして、、、それはそれでおれ的には新鮮だったから面白かったんだけど、もうちょいけんじゃねーかって一回曲を崩して作り直したやつが凄いシンプルになったのかな。

ねろ おれはどっちかっていうと自分のドラムのことしか考えてなかったから、、、でも、曲全体で考えるようになったら自然にシンプルになっていったのかなー。

内田 無茶が無くなった。

-歌詞は意識して変えた部分ある?

内田 歌詞は基本的に根底で歌ってることって、ほとんどの曲で同じ様なこと、やっぱバンドを通して知り合った人がいっぱいいるから、そういう人達との出会いとか、、、まあ基本的に出会いと別れ。生きてるうちに当然出会いと別れあるから、おれの中ではどの曲も根本は一緒で言葉とか観点が曲によって違うというか。

-全体のテーマとして出会いと別れについて歌ってると。

内田 うん。まあメインとしてそれがあって、あとは自分と向き合う、「少年」とか、例えてるのは全部自分に向けてというか。昔の自分だったり、これからの自分だったりとか、まあ自分に歌ってるというか、自分に歌ってるのは間接的に誰かに歌ってるのかもしれないし。

-メッセージ性がどうこうよりは自分の事を歌詞にしてると。

内田 うん。人に対してとかよりは自分に対してっていうのが多いのかな。

-じゃあ内容に関しては今回のアルバムで大きく変わってる訳ではないんだね。

内田 それもまあ曲と同じ様に言い方がどんどんシンプルになっていってるというか。昔はぼんやーりした感じ。っていうのがなんか格好良いみたいな(笑)

-エモいやつね(笑)

内田 (笑)それも年齢とかもあると思うけど、だんだん恥ずかしがる必要が無くなってきたというか。。結局格好つけても自分は自分で、、、抜けれないから、、だったら、最後の音源ていうのもわかってたし、その時に思ってたこと、その時に自分がいた視点から凄いシンプルに言葉をあてはめていくというか。
   
-解散について歌ってる歌詞もある?

内田 「旅」とかそうだね。もう、、、ど直球だよね。

のぐ 色々深く考えちゃうかもしれないけど、ど直球だよねあれ(笑)

ねろ そうだね(笑)

内田 我々はこういう道を通ってきてこうなって、こうなりましたっていう説明みたいなもんだね(笑)

-何から何まで解散に向けた音源て感じなんだね。

ねろ うーんそうだねー。本当「アルバム」って感じだよね(笑)

内田 うん。やっぱアルバムって曲数も多いから、やっぱそんだけ何かのイメージとかが欲しくなるっていうか、それがたまたま解散ていう。おれの中では出会い別れだから、別に解散ていうんじゃなくただの別れっていうか。昔から、さよならとかそういう感じのことは歌ってたから。まあその、さよならが今回は解散てとこに繋がったっていう。

-今まで歌ってたことがたまたま重なったって事だね。

内田 うん。リンクしたという。

-んーとりあえず全部聞いたな。。(笑)なんかあります?

のぐ 質問はないよ!意見はあるけどいっぱい(笑)裏話みたいのは倍くらいあるよ(笑)

一同 (笑)

-あーじゃあ、今まで何度も八王子で企画してきたじゃん?それに理由はある?

ねろ おれはバンド=八王子っていう環境でずっとやってきたからさ、やっぱスタジオ入る=八王子だったからさあ、バンドやってるやつらってここら辺に集まっててさ、高校生の時RIPSでずっとやってたし、だからなんかそういう意味で特別な思い入れみたいのはあるよね。おれらは八王子のバンドだぜ!みたいなのは別に無いけど、、、自然に八王子でやってた。。

-それこそ家が近いとかそういうとこだよね(笑)

ねろ そうそう(笑)

内田 ま、でも企画組んでるのおれだからね(笑)

-(笑)うっちーは八王子で企画組む理由があるの?

内田 さっき言った恩返しと一緒で、練習を八王子でしてるから、一応八王子から来ましたって言うのね。で、言ってるけど別に自分らが八王子のバンドだとは思ってないっていう。ホームがいまいち無いっていうか、昔から言ってたけど。まあmalegoatとかによく八王子で誘ってもらったりとか、センスレスも含め、やっぱそこに何かを返したいっていうか、ずっと頑張ってきてるのを見てるから、やっぱそこをおれらも絡みもあるし、何か出来ることがないかっていう理由だけだね。

-なるほどね。愛って事でいいね?(笑)

一同 爆笑

内田 そうだね(笑)

のぐ 愛だね愛(笑)

-ありがとうございまーす(笑)

内田 それが無かったらやらないだろうね。

ねろ 確かにmalegoatがいなかったらねー。。八王子で仲良いバンドもいないし、、、

-困るよねおれら的にはsoraいなくなっちゃうと(笑)おれはずーっとここにいるからさ、仲良いバンドはいっぱいいるんだけど、音楽的にとかスタンス的に近かったり外に出たときに一緒にいるのはsoraだからね。普段飲みに行ったりするバンド仲間はいるけど、また少しそれぞれやり方も違うからさ。まあ、みんな違うんだけどね。

ねろ あーでも面白いよねーなんかさあ、そういうのが自然に出来ていくじゃん?なんなんだろうねーそういうの(笑)

-まあ、、、田舎なんだろうね(笑)

一同 爆笑

のぐ そうだね!(笑)

-田舎者の反発みたいな(笑)

内田 基本的にみんなマイペースだからね(笑)

-そこもまた田舎者気質なんだろうけど(笑)

一同 爆笑

コメントは受け付けていません。

Michael Kors outlet online,